KODANシールテープ

シールテープとは

シールテープとは、水道管・空気管・油圧の配管などのつなぎ目となるネジ部に使用し、ネジ山同士を密着させるために使います。通常、配管の接続部はネジが切られてますが、ネジには若干のクリアランスが無いと締付できません。ですのでネジを接続するだけでは漏れが発生します。またネジ山は肉眼ではわかりにくいですが断面はギザギザしております。従って、それぞれをかみ合わせても完全に密着させることは到底できません。その隙間から、配管内に流れる水や空気、油などが漏れ出してしまいます。それらが漏れないようにシールテープを使い、配管接合部の漏水・漏気・漏油を防ぎます。

シールテープには正しい巻き方と適用規格があります。詳細はシールテープの巻き方のページをご覧ください。とにかく巻けば止水できるものではございませんのでご留意ください。

一般的に目にするところでは、水道の配管と配管の接続部、水道蛇口の接続部分、洗濯機蛇口の接続部分、浴室蛇口の接続部分、やはり水が流れる配管を接続する際によく見かけられます。

工業的には配管同士の接続、流体制御バルブとの接続、ガスボンベとの接続、ゲージ(測定器)との接続などに使用されます。

<KODANシールテープの諸仕様>

活躍場所

平行ネジはパッキンやOリングを用いて止水するのですが、より止水性・密閉性を高める場合にテーパーネジを採用しネジ山の面同士を接触させ接触面積を増大させます(上図)。そのネジ山の接触面積をさらに増大させるためにKODANシールテープを使用します。

※注意!!

上述の通り平行ネジはパッキンやOリングで止水しますのでシールテープを追加する必要はございません。また、平行ネジにシールテープを巻き付けても止水できません。

 

材質

KODANシールテープに使われている素材は、99%-100%PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)であり、不純物の使用はほぼございません。※KODANシールテープは粘着剤不使用です。

 

強度

引張強度:0.80kg/mm2:7.85N/mm2

 

耐熱性

使用温度範囲は-200℃/260℃の間でのご使用をお願い致します。

 

耐薬品性

気体(ガス)、液体のほとんどの流体に対し耐性があります。

※LPガスへのご使用はご推奨しておりません。

 

使用方法

1.ネジ規格・ネジ部の状態を確認

2.シールテープの巻付け

3.馴染ませ、完成

薄いテープ状のシールがリールに巻かれているので、配管のサイズに切って使用してください。※KODANシールテープは粘着剤不使用です。巻き方についてはこちらをご覧ください→

 

原産国

KODANシールテープはマレーシアで生産しております。

 

環境規制対応

不純物等の使用はほぼなく、純粋なPTFEテープですので環境規制等もほぼクリアしております。各種規制の書類対応も可能です。

<対応可能一例>

・SDS

・RoHS/RoHSⅡ

・REACH

・PRTR法/第一種/第二種

・グリーン調達調査共通化協議会

・化審法(第一種特定化学物質)